イキモノ

オニヤンマ:昆虫最強王と噂のトンボの成虫の捕まえ方、いる場所、寿命は?【親子で見つけて感動する生き物図鑑】

生き物が大好きなお子様をお持ちの方、図鑑の情報では、あまりにも載っている種類が多すぎて、探したい生き物が分からなかったり、1種類ずつの詳しい情報がわからなかったりしませんか?

また、せっかくなら、写真だけでなく、お子様と一緒に実際に生き物に出会い、一緒に「閾値を超える体験」をしたくないですか?

蝶使い

「出会えば絶対に感動する生き物とその探し方を知りたい!」よね〜?

物心ついた時から生き物大好き少年(昆虫博士)だった僕は、運よく自然環境調査の仕事に就くことができました。13年ほど全国各地で調査しながら図鑑で憧れていた生き物に出会ってきました。予想以上の感激もたくさんありました!

(その中で自然への全ての入口として、1種類だけどうしても見せたい生き物として、旅する蝶アサギマダラの飼育キットを発明しました。)

そこでこのシリーズ「親子で見つけて感動する生き物図鑑」では、今まで出会ってきた素敵な生き物を厳選して紹介します!何度出会っても感動する生き物たちです!

このシリーズを読めば、出会えば感動する生き物を知って、その調べ方・探し方を学べます。

親子で探せば、見つけた時の感動を一緒に体験できると思います^^ 探す際のポイントや注意点なども書きますので、どうぞ最後まで読んでください。

オニヤンマの成虫の顎!キレイな緑のどこかいっちゃったような目!そして巨大なサイズ感!【感動ポイント】

前述の日本最小のハッチョウトンボに対して、今度は、日本最大のトンボ、オニヤンマです!オニヤンマのヤゴ(幼虫)は前述したのですが、今日は成虫について!

またまた顔面ドアップからです!どうですか?このいかついアゴ!!(幼虫のギザギザもすごかったねぇ?)

蝶使い

幼虫のギザギザのアゴもすごかったよね〜?覚えてる?(忘れた人この赤線ポチってね!)

そう、幼虫も成虫も、肉食で、完全に獲物を噛むための強いアゴをしているんです!

オニヤンマの一生・いる場所(すみか)・産卵場所・ヤゴで何年?(期間)・巨大さ

ヤゴでも書きましたが、もう一度、オニヤンマの生態情報を復習しておきましょう!

【大きさ】8〜11cm(やっぱでかいっ!このサイズ感!!)

【分布】北海道から沖縄まで全国に分布しています。

【オニヤンマの一生】

  1. 成虫は5月から9月ごろまで見られ、主に蚊やアブ、ハエ、ハチ、チョウなどの昆虫類を食べます。
  2. メスは、少し流れのある水路などに産卵します。
  3. その後、幼虫(ヤゴ)で4〜5年も過ごします。ヤゴは水生昆虫や小魚などの水中の小動物を食べます。
  4. ヤゴ:4〜5年、成虫:1〜2ヶ月
蝶使い

一生のほとんどはヤゴ!そう、セミ見たいなんやでーー!

【いる場所】

平地から中山間地の小川・細流(水路なども)やその周辺の水田まわりなどの里山的な環境に生息しています。成虫は、田舎ではよく家に入ってきたりもします。

オニヤンマの成虫の探し方・捕まえ方・見分け方

オニヤンマ、とってみたい!ってなるでしょう?

「オニヤンマ(成虫)の探し方」まとめ

  1. 【里山に行く】田んぼ、山、小川がセットであるような里山環境(つまり田舎やね。)に行って、高速ででっかいトンボが飛んでいるのを探そう!(建物にも入ってくるよ!)
蝶使い

一度見つけると、同じコースを戻ってくるので、速くても捕まえやすいトンボなんじゃ〜!」

また次の夏も会おうねーー!

【おすすめの生き物図鑑】トンボなら迷わずこれ!

トンボのブームが来てしまった方、図鑑なら、コレで間違い無いでしょう!

家にドーンと置いておいて専門家を目指すなら迷わずこの1冊。そう、業界での通称「トンボ大図鑑」です!もちろんプロもこれを使います。僕も調査員時代はお世話になりました。決して安くはないですが、本気でトンボに取り組むには十分な、一生モノの図鑑です!

created by Rinker
¥66,000 (2024/04/18 12:09:57時点 楽天市場調べ-詳細)

amazonでのリンクはこちらです!
(まだアマゾンのリンクうまくいかずすいませんっ!(汗っ!!))

そして、フィールドに持ち出すのはこの図鑑↓

created by Rinker
¥6,050 (2024/04/18 12:09:57時点 楽天市場調べ-詳細)

蝶使い

トンボを学べば、川とか池とか湿地とか・・・日本の水環境のことに詳しくなるよ〜!

やっぱでかいよねーー!

オニヤンマのガチャガチャ発見!!

(2023/1/23 追記)

週末、街に出たら、オニヤンマのガチャガチャ見つけました!

400円・対象年齢15才以上!!

蝶使い

みんな、ガチャガチャもいいけど、本物を採った時の興奮、網にあのおっきいトンボが入った時のガサガサっ!という興奮、そしてあの美しい緑の目の色や、なんでもかじりそうな怖い口の様子を体験してほしいんじゃ〜!